• facebookのアイコン
  • instagramのアイコン

ブログ

Toscana訪問記-3

ブルネッロの垂直テイスティングでジャーナリスト気分になった一行
翌日に向かった次なるワイナリーは「Col d’Orcia」

予定時間よりも少し早めに到着
指定された場所でそわそわしていると
遠くから一人の紳士がこちらに向かってきます
その風貌は何とも言えないオーラを発した人物
今まで見たミラノ人、トスカーナ人とは明らかに違う

挨拶をすると、どこかで聞き覚えのある名前
そう、この方はイタリアに残る貴族階級「伯爵」の地位で
このCol d’Orciaの当主
「フランチェスコ・マローネ・チンザノ伯爵」ではありませんか
通訳の方もびっくりした様子で
「この方のイタリア語はとにかく丁寧」
「日本の宮家の方が話されるような言葉使い」
参加者皆一応に一気に緊張された表情に

ゆっくりゆっくり進まれる伯爵の後を皆ぞろぞろと追って行くと

芳しい香りが、そこには大樽がズラ~っと並んでいます
その中を縫うように進むとグラスが・・・そう、ここで行うのは伯爵自ら解説
「ブルネッロのバレル テイスティング!」
この先の熟成をイメージしながらのバレル テイスティング
未熟なのは当たり前だけど貴重な時間
しかも3ヴィンテージを60分ほどじっくり。いや~凄い、凄すぎます

その後、敷地が一望できるダイニングへ移動
ワイナリーのレクチャーを60分
敷地540ha?東京ドーム115個分の広さ!?
あまりの広さに、すぐには把握できない
そこに60家族が一緒に働いているそうです
ぶどう栽培だけでなく、オリーヴや小麦、野菜の栽培
敷地内で狩りも行い、トリュフも採れるそう

その後、いよいよテイスティング8種類も
その特徴を伯爵の解説付きで質問タイムを含め40分ほど・・・なんと贅沢

そこで終わりと思いきやそのワインももっと飲みながらのランチ
もちろん伯爵も同席
メイン料理には伯爵が自ら仕留めた山羊がジビエ感満載
これがブルネッロに合わないわけがない
そして最後にはデザートワインにグラッパも
食事中もいろんな質問を皆様浴びせます
あっという間に60分ほど、お腹も心も満足満足

この後、皆で記念撮影、伯爵とはここでお別れ
感謝感激の時間を過ごせたのでした

この後、移動で最後の訪問先へ
こんなに飲んでこの後、大丈夫?

Grazie mille Marone Cinzano!
Grazie mille Col d’Orcia!

MORE